Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2010年04月09日 (金) | 編集 |
日経エンタテイメント2010.3号にMusic Japanの
石原プロデューサーのインタビューが載っています。
雑誌なんで既に売り切れで,漫画喫茶からも消えていたので,
memoを書いておきます。

今のCD不況の何故,なんでライブに行くのかなどの
答えにつながるので。

------------------------------
ここへ来ての売上急落の業界の構造的要因は,80年代以降の
行きすぎたシンガーソングライターブームの反動。

「70年代主流だった,職業作詞家&作曲家による作家性の強い作品が
 今はウケる時代」

「ロック,フォークは自分のことを歌っていいけれど,
 ポップミュージックは3分間で人を幸せにするもの。
 ならば,作家性が強い方がいいのではないか」

「今の音楽シーンは,音楽よりも人を愛する傾向が強い。
 だからCD不況があり,そのアンチテーゼとしてライブ,グッズ
 野外フェスの盛況がある」
------------------------------

70~80年代って,職業作家の質がすごすぎたからなぁ
すぎやまこういち,阿久悠,筒美京平,松本隆,…

確かに人を見るという方も多いのではと思いますね。

のっちプロデュースのUSBメモリなんていうのは,
NETにはのっちのお人柄を読み込んだような
「USBのコンパクトさをでかい頭で覆うという逆転の発想」
なんていうコメントとかあって,(^^)
とても,ほのぼのするわけです。

人を見て音楽を聞くというのは,Jazzっぽい聞き方ですけどねぇ。

*1 参考に 作家で聴く音楽

関連記事


コメント
この記事へのコメント
CD不況は業界自体にも一因?中高年の音楽がない
僕の印象ではポケベル以後に人々の嗜好の変化があったように感じます。
それまでは歌謡曲、いわゆる演歌なんかでもそこそこヒットはありました。そこへユーミンなどの路線、あるいはロックテイストの台頭が駆逐していった。(15歳から25歳ぐらいが購入層?あるいは団塊ジュニア?)
これは大型店に潰されていった小売店を彷彿させます。そして大型店が去ったあとには何も残らない。
業界も売れ筋に一極集中した結果、世の中も人も見えてなかったのでは、なんて考えたりします。
ミリオン連発で育てることを怠ったのかな。
昔、ウォークマンに入れるCDを買えてた金は、今いろんな所に飛んでいってますからね。
もちろん技術革新もあってCDじゃなくても音楽は聞けるし。
長くなりました、このへんで。<m(__)m>
2010/04/09(金) 00:59:22 | URL | ayaden #onyy0jGE[ 編集]
Perfume世代の子たち
ターゲットをCD買わないゼロ世代に絞った結果
GO!FESはさんざんでしたね。
ある世代より下はCDも買わなければ
ライブ・フェスにも行かない様子。
自分がオシゴトで関わっているアラ50ミュージシャンさん曰く
「今の若い子って、ライブは『一回観ればOK』って子多いんですよ、
まるで観光地みたい。『あっ、あそこ行きました』みたいな」
へーーって感じでした。
2010/04/09(金) 10:57:56 | URL | gima0721 #-[ 編集]
最近来てくださったようなので、こちらにきちゃいました。
私はあまりコンパクトに良質な文章をなかなか書けず、
ここのブログを拝見するたび、参考にしたく思います。

私は恐らく00年代に青春を謳歌する世代に分類されるのでしょうが、自分も私の友達もCDはよく買います。主に中古ですがね。ライブにも行きますよ。

でも自分やその友達は世間一般の同年代と少し外れているので、参考になりませんが、80年代後半から、最近の曲まで歌えます。ユーミンや竹内まりやも私は歌います。

あまりコメントされない方なのかもしれませんが、お立ち寄りの際は是非コメントしていってください。
2010/04/09(金) 21:28:16 | URL | Perfume好きなJ-POP世代 #sDQE.Bxc[ 編集]
いつからかビートの聞いた音楽が主流になりました。
でも,こういう曲はあまり残っていかないのではないかと思っていて。
売れたパターンを踏襲する,そういうのが定番化しましたね。
売れてるけど,これは何年後かにも聞いているのだろうか
っていう曲が多かったり。
やっぱり,メロディライン,そしてブレないリズムです。

ニューミュージック,J-POPがすごかったのは,詞によって
叙情的な世界を作り上げたこと。
その昔の歌って結構変な(^^)歌詞が多いですから。
洋楽も訳してみると,やたら愛しているばかりだったり(^^)
日本の歌というのは,情景だけの描写で哀しさを表したりする。
限られた語の中で感情を直に書かないで表現するというのは
和歌とか俳句の文化がある日本ならではですね。
これからどんな曲が残っていくのか興味深いです。
あと,僕らは昔の曲はよかったと思いがちですが,つまらん曲も
多かったです。その中で良い曲だけが残っていると。
それは誤解しちゃいけないなと思っています。
2010/04/09(金) 21:41:51 | URL | elf51 #-[ 編集]
>『一回観ればOK』って子多いんですよ
なんかまさしくデジタルって言う感じですね。
今の若い子は将来のことをラインとして考えてない人多いです。
自分の行動が周りにどう影響するとか。
シミュレーション能力というか想像力に乏しいです。
これは”ゆとり”にしちゃった僕ら大人のせいなんでしょうねぇ。
あぁ,親父のぼやきになってしまった。さっきも説教したんで(^^)
以前も書きましたが,ライブとCDの売れ方の相関が
もうないようですね。売る側もとまどっている感すらします。
2010/04/09(金) 22:02:55 | URL | elf51 #-[ 編集]
>参考にしたく思います
あまり参考にならんとは思いますが…(^^)
J-POPはまさにバブルと共にありましたね。
結局あれから音楽が残る物じゃなく,消費する物に
変わっていったんじゃないかと。
やっぱり質が変わっていったと思います。
70~80年代は良い曲が残っています。
ユーミン,竹内まりやはリアル世代なので
いまでもときどき聞きますねぇ
「あの日に帰りたい」なんて,大嫌いな詞だったんだけどなぁ
2010/04/09(金) 22:17:34 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック