Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2009年07月01日 (水) | 編集 |
あのインタビューを星からはどう読むのでしょうか

僕のある確信 ”水瓶座の人は時としてまわりの人を振り回す
からあ~ちゃんの発言は割り引いて読むようにしています。
まぁ,こんな事もあるかな,くらいの。

また,もう一つのキーワードは 未来指向 です。
彼女はかなり先の事を見て話します。それがどれくらい現れて
いるか,そこを見ます。

例えますとこんな感じです。
Perfumeはある道を歩いていて,僕らもそれについて行っているわけです。
のっちもかしゆかも足元を見ながら確実に進んでいるわけですが
あ~ちゃんだけはずっと先にいます。
あるいは同じ道でなく,ずっとぶっ飛んで,既に高い山に登ってしまっているかも
しれません。
そんな上から見たら,僕らの姿はあまり見えません。ましてや他の道に
離れていった人は視界にいません。

そうした位置にいる彼女に悩みがあるとしたら,将来の自分が
自分の思うところにない,この一点と思います。
未来の自分を”今”として考えているところにポイントがあります。
未来に向けて悩む人,あるいは未来軸にいて悩む人,
それが水瓶座あ~ちゃんなのです。

自分のやりたいことと,やっていることはどうしてもずれます。
また,できることともずれます。
この軸を無理に一致させようとすると苦悩を増やすことになります。
うまく解放してほしいですね。

10年後のPerfumeってどうなっているのか我々には想像もつきませんが,
”将来”の彼女の中の”歌う”ということと,”Perfume”のあるべき像とは
やはり離れているのでしょう。

女優さんだって,与えられたものやっているわけで,そこを取り上げて
「クリエティブでない」とは思えません。
まだ,彼女は二十歳です。9年後,今の中田さんと同じ歳になったとき
彼女も詩とか曲とか作っているかも知れないし…。

最後にNETにある水瓶座に係るテキストをクリップしておきます。
--------------------------------------
外から求められる役割と,内面の欲求にギャップが生じるとスランプ状態に

 単調な毎日が続くと「本当の自分はこれでいいのだろうか」と悩む水瓶座。
既成概念にとらわれないので,職場や学校などでは枠からはみ出してしまいます。
体制に順応したほうがラクなことは頭の中でわかっていても,自分の個性を消して
しまうことはできません。
--------------------------------------

星はなんでも知っている。のかな?(*´ω`)ノ   つづく

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック