Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2009年04月19日 (日) | 編集 |
「声を加工されるのは憤りを感じたりはしなかった?」
ユーミンだからストレートに聞けるわけで。
「こんなものやめてやる~」はクリエイターならそう思うかも。
Yumings.jpg

ところで,最近のユーミンは知らないのだが,かつてはその根底に流れるのは
一貫して過去を想う”センチメンタル”であった。

古くは,あの日に帰りたい,卒業写真,青春のリグレット
埠頭を渡る風etc

過去にベクトルを向けて歌うセンチメンタリズムだから,いつ,何処を
切って聞いても思い出が重なる。
そして,ますます想いが積みあげられる。
これは売れるはずだ。
もちろん曲が良いからだけど。

Perfumeの歌はどうなのだろう。

木の子さんは間違いなくリアリズム。あれは,高校生が唄う歌じゃない(^^)

では,中田さんは?
まぁSFが好きで,近未来ならば,単純にロマンティシズムと言っても
良いかもしれない。

センチメンタリズムが失ったものへの郷愁ならば,
ロマンチシズムはけっして届かないものへの憧憬か。
そういう意味ならば,やはり中田さんはロマンティシズムの詩と
いうことになるのだろう。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
ユーミンずいぶんとストレートでしたよね;;
一瞬自分がドキッってなっちゃいました;
でも、今のPerfumeの思いが聴けた気がしたのでよかったです♪

2009/04/19(日) 01:06:34 | URL | ショウ #-[ 編集]
確かに木の子氏の詞は病んでますね。
でもそれを女子高生がケロッとテクノポップで唄う、若しくは唄わせられているというギャップが好きです。中田氏作のエレワ、edgeの退廃加減もかなり。
2009/04/19(日) 19:36:28 | URL | luvzawa #-[ 編集]
剛球のストレートでしたね。
今までも語られたことがありますが,あ~ちゃん真面目に
答えていました。
いつかディーバに戻ることがあるのでしょうかねぇ
2009/04/19(日) 20:15:50 | URL | elf51 #-[ 編集]
>若しくは唄わせられているというギャップが好きです。
こういうのをアイドルにやらせちゃうっていうのが
良いのかもしれませんね。
Perfumeが”アイドル”だから成立しているっていう
おもしろさがあるのかも
2009/04/19(日) 20:18:36 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック