Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
All aboutにPerfumeの最近の雑誌記事について総括が
2009年01月25日 (日) | 編集 |
All aboutにPerfumeの最近の雑誌記事について,総括が載っています。

Perfume対談~雑誌評論分析

「週刊現代~2009年に消える芸能人」は,まぁ書いているのが,今井舞女史なので。
この雑誌の文章に限らないのだけれど,ライターが書くのだから調べて論証をと。
Blogで妄想文章書いているわけではないのだから(^^)


ところで,博士も今後のPerfumeが気になるようで。
多くの方もお気づきのとおり,路線として思い浮かぶのはPuffyですよね。
恋愛も結婚もさして障害にもならず,しかもアーティスト然としていない
不思議な存在Puffy。(生歌だけどユニゾン基本だし。)

Perfumeもこんな感じで続いて欲しいです。

--------------------------------------
アイドルが自我に目覚めて,アーティストを目指すというパターンは,成功率が
低いですね。特に,「私,ロックやります!」とかになると,勘違いの可能性大
ですからね。

アイドルかアーティストか良く解らないまま,いわばそのいい加減で曖昧で薄い
スタンスを維持したまま,さしてマニアックにもアンダーグランドにも走ることなく,
トップアイドルをキープしながら,しかも世界的にも知名度を得た例として
かろうじて考えられるのはPuffyでしょね。Puffyの戦略は参考にすべきですよ。
--------------------------------------

*1 Puffyのプロデューサーは奥田民生さんですが,その後,笹路正徳さんも
   関わっています。で,笹路正徳さんは,先に書きました 小林香織 さんの
   プロデューサーでもあります。(意外と早くつながったなぁ(^^;)

*2 Puffyの2月の新曲はのっちの好きな椎名林檎さんの作詞作曲ですね。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
ホント、そういうライターの人って、自分の文章が後々まで残るかもしれない、っていうことを気にしないんでしょうかね。
プロのライターでない自分でさえ、ブログの記事やコメントですら(内容に依りますが)、ある程度の客観的な批判に耐えられるように慎重に書いていますのにね(逆に、プロだからか?(クライアントの要望に応える、お金が絡む等))。

Perfumeの海外進出に関しては、歌詞を全て英語にするべきかどうかも、考える余地のあるところですよね。
2009/01/25(日) 16:52:05 | URL | うちぴ #-[ 編集]
おぉ,
>歌詞を全て英語にするべきかどうかも、考える余地のあるところですよね。
歌詞のこともありますね。(勘違い?)テクノならアメリカより
ヨーロッパに。そうすると,何語になるんでしょう。
ぜひ,海外に出て行って欲しいです。
CD持ってPerfumeさえ行けば,それで成立するのだし,
リップシンクであることが逆に有利に働くのかもしれない。
2009/01/25(日) 17:43:23 | URL | elf51 #-[ 編集]
計算ずく?
こんばんは。

計算ずくは言葉が悪いですが、
企画と、演出と、演者と、作品とのイメージが
今まで誰も成し得なかったレベルで
シンクロ(この場合計算ずく?ですか?)
しているのが、Perfumeなんじゃないですか。
これも、魅力のひとつなのに…

それとも、もっと表面的な批判なのかな?

All aboutのここ、良かったです。
>今のPerfumeは、この先そうそうお目にはかかれないだろう、スケールの大きな“ポップスにまつわるおとぎ噺”を紡いでくれていると感じています。
2009/01/26(月) 00:59:12 | URL | つくつく #-[ 編集]
計算されていてることも,計算されていないこともみんな
わかっていてPerfumeを楽しんでいるところがあって(^^)
Perfumeを好きな人は,結構大人だと思います。
>“ポップスにまつわるおとぎ噺”
えぇ,うまいですねぇ。さすがにプロ,四方さんです。
2009/01/26(月) 23:14:32 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック