Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
Perfume号は飛ぶ
2016年10月16日 (日) | 編集 |
「ライブハウスから積み上げることが大事」
この山下達郎の言葉を聞きながらライブ会場で
Perfumeのことを考えていたのはおそらく,自分ひとりだろう。

Shibuya O-Crest             200
池袋サンシャインシティ・アルパ噴水広場1000
渋谷O-WEST                600
渋谷O-EAST               1300
表参道FAB                400
原宿アストロホール            400
代官山UNIT                600
恵比寿LIQUIDROOM            1000
Zepp Tokyo               2700
SHIBUYA-AX               1500
Zepp Osaka               2000
横浜BLITZ                1700
日本武道館                14000
代々木第一体育館13000
横浜アリーナ               17000
東京ドーム                50000
さいたまスーパーアリーナ         26000


Perfumeの軌跡は拡大の歴史だった。
僕はもうちょっとアリーナツアーとライブハウスツアーを使い分けて
行くのだろうなと思っていたが,JPN以降は基本アリーナクラスとなる。
需要が小さい箱を許さなかった。

アリーナクラスでやり始めるとPerfumeは,意外にも
もうライブハウスに戻れないのじゃないか
と言っていた。

あの現場力があればサイズ関係なしにおもしろいライブができだろう
と素人目には思えたが,
まさに
--------------------------------------
100人のライブができれば武道館はできます。
でも武道館ができても100人のライブはできない。
それがライブの難しさ。
  山下達郎 新宿ロフト
--------------------------------------
というのを実感していたのだろう。

スタートレック Nexr generation の名エピソードに「戦士の休息」
というのがある。これはこの回だけ見ても面白くもなんともない。

エンタープライズ号の艦長ピカード艦長は機械人間ボーグに捕らわれ
機械の中に組み込まれる。そして味方の戦艦を次々と撃破していく。
艦長である情報,知識は機械の中に取り込まれるが,意思は自由にならない,
そのような囚われの身だったからだ。

戦いが終わり艦長は取り戻される。
そして宇宙から戻ったのが地球,20年間不仲の兄のいる農場だった。
味方を殺した罪悪感とやりきれなさ。

ロベール 「その傷はこれからずーっとしょっていかなきゃならんぞ? ずーっとな。
     …傷を抱えて生きるんだ。…道は、二つに一つ。
      選べよ、ルイスと海に潜るか?
      …エンタープライズで空を飛ぶか?」


--------------------------------------
Perfumeには「最先端の演出技術」という頑丈で役に立つけれどもとにかく
重い鎧を一度置いてもらって気軽な平服で来ましたというような
シンプルなライブを期待したい。
大会場のツアーに飽きたら。
三人いればそれがPerfumeのライブなんだよと。いつの日にかで構わないから。
From: chat___noir at: 2016/10/06 19:29:37 JST
--------------------------------------

黒猫堂さんが上記のように言われるようにテクノロジーという「鎧」。
「鎧」を脱いだとき,女の子Perfumeが表れるライブが見られるんだろうなぁ。
そしてやはりPerfume号で空を飛び続けるしかないのだろう。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック