Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
MIKIKO先生直伝 Perfumeのパフォーマンスを見るのがもっと楽しくなる振り付けのキーワード
2016年04月15日 (金) | 編集 |
なかなかこれがすげーところで。

・移動の小気味良さ
・一緒に動いて成立するグラフィカルさ
・動きの余韻によって布が体を追う
・年齢に応じたラインの表現

・移動の小気味良さ
「固定のセンターをつくらないため」
あぁ,動くしかないものな。コンピューターシティは画期的だった。
3人向き合うし。

・一緒に動いて成立するグラフィカルさ
移動するから組み合わせとシーケンスのおもしろさが出るし

・動きの余韻によって布が体を追う
衣装のラフさとかフリンジとかかなり計算されている。
VMAJみたいな派手なのもまた見てみたいが。

これかっ!




・年齢に応じたラインの表現
これは,最近出してますかね。なんとなく

「越境するファッション」のインタビューの中では
ダンスの越境について
 「動いた先に波形が見えること」
と言っている。

 「体の動きは目に見える物ではなくて,その先の目には
 見えていない余韻を感じられるかが大切なんです。
 振り付けがしっかり役目を果たせていて,ダンサーがそれを
 しっかり踊りこなせていたら,例え東京ドームでもたった3人で
 見せられるほど拡張した表現になります。
 それは”空気を動かせるか”にかかっているです。」

Perfumeの作る空気感っていうのはあるね。
こっちが息をのむくらいの緊張と,爆発する感じでくる波と
あとは,Perfumeの「人」が持つ共感と
どれもある意味「波動」だから。

脳波はミリ波だし,見えなくても共振して伝わってくるのかな
なんて思ったりする。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック