Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
のっち,「きゅんとして置いていった」か
2016年04月02日 (土) | 編集 |
のっちが語る思い出。
中学2年の春,広島に出るとき。
2003年,桜の季節にPerfumeは上京した。

2003/04/01からは「ぱふゅ~むの東京通信」が始まっている。
やりきらなきゃ,というプレッシャーがない分,ひょっとすると,
Perfumeが一番希望に燃えていたときかも知れない。

Perfumeにとっては広島は思い出として「置いて」行くものだったのだろう。
さらっと出た言葉だが,その後のPerfumeを知っていると感覚的によくわかる。
Perfumeにとって広島は「凱旋する場所」になった。
故郷であることには違いないが,東京から帰る安息の場所ではなく,
成功して錦を飾る場所になった。
それゆえ,Perfumeは「広島」にこだわることとなる。



*1 猫と桜

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック