Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2016年01月11日 (月) | 編集 |
僕の手元に2013年のQuick Japanがある。

特集はももクロだが,その他に道重さゆみさん,武藤彩未さん,
BABYMETL,Negicco のインタビューが載っていて今からすると
ちょっと考えされられる組み合わせだ。

「時代の流れを変える革命者になりたいんです」
武藤彩未さんはこう言っている。

ライターが記した一文
-------------------------------------
グループアイドル全席の今,密かに面白い「実験」が行われている。
元さくら学院のメンバーだった武藤彩未がスタートさせたソロプロジェクト。
この秋からは,本当に小さいライブハウスだけを回るツアーを
まさに”ひっそりと”スタートさせ,80年代のアイドルのカバー曲を歌うなど,
独自の活動を展開している。
ソロアイドル不毛の時代に,彼女は一石を投じ,時代に風穴を
開けることができるのか?
-------------------------------------

ランチェスターの法則によれば
一騎打ちなら 第一法則 戦力=武器性能×数
総力戦なら  第二法則 戦力=武器性能×数2

今はどこも総力戦。
数の力は2乗で効くからこれに勝とうとすると武器性能を
かなり上げなければならない。今,ソロアイドルは難しいところにいる。

「活動休止に私は前向きです。良い歌を届けるための準備期間です。」
武藤さん,長く芸能生活をしているから。人生の半分だし。
見直しの時を求めたのかな?
 武藤彩未,活動休止前最後の公演で誓う
 「アーティストとしても勝負できるアイドルに」

いずれにしても「実験」は未だ途中ということが幸いだ。

小西彩乃さんの場合はちょっと事情が異なるようだ。
 東京女子流から小西彩乃が卒業

数の効果は大きいけれど,グループの場合スキルに差が出来ると
(人気もそうだけれど)バランスがくずれるという問題はある。

 「どんどん前へ突き進んでいこうとしてる女子流に
 私はついていける自信がなくなっていました」

というのは,あまり事情を知らない人が読んでも心が重くなる。

「アイドル」という職業は,ほんの短い間だけ成り立つもの。
しかもその地位は不安定。
かしゆかの「80%は苦しいこと」
という言葉が思い出される。彼女たちは幸せなんだろうかな。

*1 東京女子流・小西彩乃”卒業コメント”に隠された平成アイドルの苦悩

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック