Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2015年11月18日 (水) | 編集 |
SWITCHインタビュー 達人達(たち)「志村けん×Perfume」

深かったねぇ。
Perfumeの話はファンならばよく知っていることではあるけど,
まず,対談の場がBEE-HIVEの寮っていうのが鋭い。

モテキの映画からちょっと変わったことをやり始めた
というのはPerfumeが言っていたことだけど,周り廻って
志村けんさんに繋がるんだから,いろいろとやってみたのは正解だった。

ディレクターからも注文があったみたいだけど,そこは
軽く受けずに意味を確認したという
高倉健さんみたいな男と3人の妖精!?

とにかくPerfumeの挙げていたキーワードがいっぱい出てきて,
揺れている彼女たちにとって,ほとんどの回答はしてくれたんじゃぁないかな。

--------------------------------------
志村 仕事をやるときは基本的に緊張してないとだめだと思うね。
   緊張をいい方に持ってくことだから
   緊張しないで舞台に出ていくとか,そんなやつ信じられないもの,俺。

   なるべく緊張をなくすには
   どんだけ自分が練習して,稽古して
   「あ,もうOK」となってればそんな緊張しないんだよね

あ 確かに
か そのとおりですね
志村 いやな部分が来るとどんどん緊張が来る
   でも緊張する
か そうですよね
--------------------------------------

かしゆからしい,「そのとおり」の入り方。
同じ事「努力は裏切らない」「練習で固める」を言っていたからね。

--------------------------------------
の もしかしたら続かなかったものがどうして続いているんですかねぇ?
志村 要望があるからでしょうね
の  飽きたりはしませんか
志村 飽きはしないね。大事にしてる。

志村 常に自分でやっていることは上からもう一人の自分が見てないと
   どう受け止められてるかは自分でもう一回見ないといけないからね。

  自分がおもしろいと思ったことしかやらない
  自分が得意なことしかやらないっていうことだね。
--------------------------------------

プロはやっぱり自分が見えている。メタ認知というやつだ。
あかの 自分たちが楽しいことをやっていく
は,そのまま,じゃぁないですか

--------------------------------------
あ お客様も一緒に入って舞台を作られてる感じがいいですね
志村 一体感はけっこう出ますね

あ ライブな感じが
志村 それが舞台の一番いいところですよね
   お客さんと呼吸してるってのがね
   あれは代えがたいね

   舞台でやるとお客さんの反応 拍手 笑い声
   が自分の中の勇気と自信になってくるのね

   「やっててよかった」「これでもう1年このままでいけるな」って思うわけだよ
   間違ってなかったんだなと思う,自分が。

   お客さんの前って好きだねぇ。
   緊張するけど,あの興奮度と終わった後の満足度
   やっぱり代えがたいね あれはね

   普通の人では味わえない唯一のところだからね。
--------------------------------------

あかの ライブのためにやっている。
は同じだ。

--------------------------------------
の 常に目標を掲げてそこに向かっていくっていうやり方で
  私たち来てたんですけど,東京ドームだったり,もうこれ以上
  ないだろうなっていう目標をかなえてしまったときの不安感っていうか
  そういうのがすごくあって。

志村 でも,今までやってきたことが自信になってきてるでしょ
   そうなってから急にステップアップはできないよね。
   する必要もないし。

   ちょっとでもいいから右肩上がりで,薄くてもいいと思うんだよね

   1mmでもいいから右肩上がりで上がっていけばいいっていう気持ちで
   ゆとりを持ってやったほうがいいよ
   勢いでやっているときよりも深みがあるっぽいものができるっていう
   気がするよね。
--------------------------------------

あ 1mmは厳しい曲
と言ってたけれども,志村さん,意味合いを変えてくれた。

のっちの大きな目が光っていたけど,自分たちのやってきたこと,
自分たちの進んでいる方向が間違っていないと認められた,
と思ったからだろうなぁ。

今なお第一線の達人からこういう話が聞けるというのは幸運だ。
それと,これが志村さんからのオファーだったということが,Perfumeの持つ
なんとなく縁を引きよせる力を感ずにはいられない。

シャイに話す志村さんがカッコいい。
Perfumeはまたいい大人に巡り会った。

「Perfumeはなぜ売れたのだろう?」
の答えはこんなところにあるのかもしれない。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
天才が認めてくれた
笑いの芸という中で人を傷つけず自らの肉体で笑わすことは本当の意味でお笑い芸人といえると私は思っています。その意味では志村さんは本物であり、彼のこだわりがperfume と通じると感じたからこそファンになったのではないでしょうか。妥協をしない台本作り、納得するまで繰り返して稽古するところは振付に妥協をしない彼女たちの姿勢と似ていますし・・。
2015/11/18(水) 10:41:14 | URL | タクロー #-[ 編集]
プロとプロの会話でしたね。
志村さん確かにとても優しい。
2015/11/18(水) 21:14:31 | URL | elf51 #-[ 編集]
ありがたい番組でしたね
いやー、ほんとに今、彼女たちが抱えてる不安を
解消する言葉をたくさんくれたような気がしますね。
たぶん一般のファンには言えない事ですからね。
舞台に立つ表現者でないと。
のっちまで泣かすとはバカ殿はバカに出来んなぁw
2015/11/19(木) 04:02:57 | URL | アーロン #YLijdAfk[ 編集]
一度歓声を浴びると元には戻れないとも言いますね。
やっぱり格別なんでしょう。
2015/11/20(金) 00:01:17 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック