Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2015年10月27日 (火) | 編集 |
Perfume映画監督が語る3人の素顔「まるで一歩一歩進んできた木彫り職人」

文字通り近くで見ている人ならではの感想だろう。

――本作を観て,そこが本当にすごいと思いました。
大人になっていっているはずなのに,全くスレてないというか。

女の子3人,ぶつからないんですかねぇ,といつも不思議に思うが。
9nineなんかは,昔大げんかになったとばらしていたが,何が原因
と言うわけでもなく,積もり積もって,というのがいかにも普通で
むしろ自然だなぁと思ったけど。

「アイドルがやりたくてここにいる。友達を作りにきたわけじゃないから
メンバーに嫌われても構わない」という考えもいさぎよいけど,
グループは基本的に仲が良くないと続かないんだよなぁ。
あるいは,逆に漫才コンビにあるように本当に仲が悪くて続くか。

やっぱり,独特の距離感があるんだろうな。

エーザイの1回限りのCMを見ていて思い起こしてたんだけど,
Perfumeって感激したりしても抱き合ったりしなくて
そこがすごくいいなぁと。



関連記事


コメント
この記事へのコメント
荳我ココ縺ョ髢「菫ち
>映画を観ていても、女子グループ特有のギクシャク感を感じませんでしたが

女性インタヴュアーのこの感想が興味深いですね。

あ~ちゃんの涙やかしゆかの「この三人で良かった」発言についミスリードされてしまうのですが、実は三人の関係には日本的情緒にベタついた要素が稀薄だ、ということは随所に窺えます。あ~ちゃんの「(メンバーが落ち込んでいる時は)見て見ぬふり」発言(あ~ラジ、チャットモンチーゲスト回)もありましたし。これ、言い換えれば「お前の問題はお前自身で処理しろ」ってことですからね。この相互不干渉の態度にはちょっと日本人離れしたものを感じます。Perfumeは日本的な「互助集団」ではなく、強靭な「個」の集合体なのではないか。Perfumeを他グループと画然と分かつのはその点にあると愚考します。

あ~ちゃんのスピーチは「対ファン」「対スタッフ」へ向けてのものが常でしたが、最近「対メンバー」への発言も聞かれるようになりました。武道館最終日でしたか、「二人の笑顔を見るのが幸せ。二人のためにもPerfumeを続けたい」といった意味の発言があり、二人はどんな反応をするかと観察していました。二人とも正面を向いたまま表情ひとつ変えなかった(ように私には見えました)。アンチ的視線には「実は仲悪いんじゃねーの」と見られかねない光景でしたが、私は「Perfumeは強靭なオールラウンダー集団」という自説に傍証が与えられたような気がして、意を強くしたものですw
2015/10/28(水) 04:39:22 | URL | lunarnotes #-[ 編集]
コメントタイトルが文字化けしておりますね。失礼いたしました。
2015/10/28(水) 04:44:09 | URL | lunarnotes #-[ 編集]
何かさらっとした感じですね。
他の価値観を見つけたときにこの関係は変わっていくんでしょう。
重量比が変わるだけだとは思いますが。
2015/11/03(火) 13:11:18 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック