Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2015年07月08日 (水) | 編集 |
「FASHION AND IDOL CULTURE MAGAZINE」
ということらしく,アイドルがアイドルの考えやファッション観を語る
とちょっと違った視点の雑誌らしい。

最近のアイドルへの女性参入に向けてということなのだろう。
ファンション誌みたいなページも多い。

3ページにわたるMIKIKO先生のインタビューはいろいろなところで
出たりしたところもあるが,アイドルへの振り付けに対する考えを
まとまって読むことが出来る。

--------------------------------
Q 歌詞に合わせるということですか?

MIKIKO
 振りを作るとき,作詞家や作曲家の方がよろこんでくださるようにというのはよく考えます。
 作詞家の方から「そんなつもりで書いたわけじゃないのに・・・」
 っておもわれないようしっかり意味を理解してから振り付けに入ります。

 あと意識しているのは歌詞をそのまま振りにするのではなく,
 ちょっと変化球にするということ。

 たとえば「未来」っていう言葉が歌詞で出てきても,本来のイメージを
 そのまま身体で表現するのではなく,「み」から連想して
 数字の3を表してみる。
 その3にはメンバー3人の未来,という意味も意識していたり。
 見れば見るほど奥行きが感じられるように振り付けらっれるといいなと。
--------------------------------

もっとも,中田さんは「音感」で言葉を選んでいるようでその詩の内容の
意図とするところはわからないままだ。
何の意味もないとは到底思えないけれど。

いずれにせよ,振り付けの段階ではかなりの解釈が入っている
ということだろう。振り付けで曲を作っている感じ。

このあたりの寄与度は,昔から
「Perfumeの楽曲はライブで完成する」と言われている。

次の竹中夏海さんのインタビューもPerfumeからAKB,ももクロまで
振り付けから見たアイドルの経緯について書かれていて,なかなか
おもしろい雑誌だった。

overture.jpg
 OVERTURE No.003 (Town Mook)


関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック