Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2015年01月02日 (金) | 編集 |

ニッポンの音楽 (講談社現代新書)ニッポンの音楽 (講談社現代新書)
(2014/12/17)
佐々木 敦

商品詳細を見る

Jポップ誕生「以前」と「以後」の45年を通覧する--

主人公の「物語=歴史」でディケイド(10年間)を解き明かす!
●70年代 はっぴいえんどの物語
●80年代 YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の物語
●90年代 渋谷系と小室系の物語
●ゼロ年代以降 中田ヤスタカの物語

帯のとおり,キーパーソンを軸にJPOPの歴史が解説されていておもしろい。

「詩と曲が同時にできてくるから」というところから,
中田さんに詩を書かせて欲しいと訴えるも却下されているあ~ちゃん。
このあたりに関係するところが書かれている。

--------------------------------
中田 音の響きのためだけに作詞をしている感じですね
坂本 歌詞の意味は耳に入ってこないタイプですか?音としてとらえている?
中田 そうですね。音楽が流れていても歌詞の方には耳はあまり行かないです。
坂本 僕も歌詞が全然聞こえない。音として聴いちゃうから。
    それなのに昔は大貫妙子さんや矢野顕子さんを
    プロデュースしていて,いつも怒られていましたよ・・・
    ”あなた歌詞聴いてないでしょ!””すみません”って感じで。
--------------------------------

2大音楽家も歌詞を聴いてない(*´ー`)
↑こういう高級な聴き方ではないけれど,僕も普段はインスト系の音楽を聞くことが
多いので,ほとんど歌詞を追ってない。

中田さんがこういう音楽の作り方をしているとなるとPerfume作詞,
作曲中田ヤスタカは実現味はないかもしれない。

ただ,音の響きだけといってもやはり意味はあるはずで,
Perfumeの曲には何かの思いを投じているのだと思う。
たとえ,作り手になくても聞く方には届いているのだから。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。この本、自分も読みました!ポリ新参なのに、未だに歌詞がうろ覚えです(-_-;)音の響きの為の作詞というのはよく分かります。Megのプロデュースしていた当時、詞を書いたMegが、結構言い回しを替えてくれと中田さんに言われてたとか・・・。
レコーディングはライブだと言う位ノリやグルーヴを大事にしている人なので、書き直してもらう時間がもったいないんじゃないのでしょうか。不思議な歌詞になるのもうなずけます。そういえば、少し前に某掲示板に貼られたんですが、米のセミプロ?のほぼ若い人達が、ドラム、ベース、エレキギター、キーボード、トランペット、サックス、トロンボーンで、マカロニとポリとHave a Strollをカバーした動画がyoutubeにupされてました!なかなか楽しいですよ! J-MUSIC Ensembleで検索してみて下さい。
2015/01/03(土) 01:59:58 | URL | tkd #-[ 編集]
歌詞を書き換えてもらうっていうのは,面倒なんでしょうね。
一度作って,また作り直す。やりたいようにしたいと言うところでしょうか。
軽いボーカルも,詩が入ってこない一因なのかなと思います。

生バンドでもいけそうですね。ライブならどんどんやってみると
いいと思います。今年は昨年以上にあるかも知れませんね。
2015/01/03(土) 20:51:56 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック