Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2014年12月08日 (月) | 編集 |
敗れざる者たち」この本は僕のバイブルだ。
このブログの裏テーマでもある。

敗れざる者たち


その作者,沢木耕太郎さんのサイン会があるというので行ってみた。
100人限定,前日までに相当売れていたようで,満員の盛況だ。

黒いタートルネック,65才越えだと思うが,凄くダンディだ。
かっこいい大人という感じ。

椅子があって50人は着席待ち。
年代が高い人も多いが,20,30代もいる。女性が半分くらい。
作家のファン層は幅広い。

自分から語り出す人も多いが,割と気さくな方なようで,よく聞いて,
自分からも,名前はどんな字を書くの?とか話しかけられていた。

なんか話さなきゃと思って,
 猫 先生の本を読み始めて,三十*年です。
といったら,ちょっと微笑まれて
 沢木 同じように年を取って と。

猫 名古屋でお会いできてよかったです。

名古屋の人に作家のサイン会に行くという発想がない。
そもそも,作家のサイン会自体がないからだ。
また,沢木さんはご自分のHPがあるわけでもない。
僕も,憧れの作家に会えるとは思っていなかった。

猫 あまりサイン会とかおやりにならないすでよね?
  東京とかではあるみたいですが。

沢木 (あぁと分かったように)
  出身は名古屋ですか?名古屋はどんなところです?

猫 のんびりしてます。いいところですよ。

お礼を言って帰ろうとしたところ,沢木さんの方から手を差し出してくれた。
おぉ!しっかり握手して。
自分が生きている内に会えるとは思っていなかった・・・。
なので,ただただ感慨深い。

新作はこれ

波の音が消えるまで 上巻波の音が消えるまで 上巻
(2014/11/18)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


*****
先週Negiccoを見に行ったときにパッセの星野書店に寄ったら
このサイン会のポスターが貼ってあり。
こういう機会をくれたNegiccoにも感謝の意で,「1000%の片思い」の方を
買い増ししておいた(´∀`)
「縁」だな。トップ10いくといいな。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック