Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2014年09月30日 (火) | 編集 |
こういうトラブルは見たことがなく,ある意味貴重で思わず
にんまりしちゃったのだけれど。

9/20の代々木,エレクトロ・ワールドでリフターから3人が上がって
来るところで,途中で止まってしまったらしい。
僕は遠くにいたので,真っ暗な中,あまり事情がわからず。

どうものっちが最初に出たところあとの2人が続いて出てこなかったので
あわててのっちが戻るというような,ことだったらしい。

画面も音も合わなくなって。
現場思考のできるあ~ちゃんならば暗がりからマイクで何かやるだろうと思ったが,
画像と音とステージがリンクしているから,スタッフと調整に時間が
かかったのだろう。割と長かった。

こういうときにどれくらい待てるのかなのだけれど,
意外と人は気短で,
ビジネスパーソンの「待ち時間」意識 というのがあるのでリンクしとこう
レジ待ちレベル,3分くらいたつとなんかあったのか?となるんじゃぁないかな。

調子が狂ったのだろう,その後のDISPLAYの入りも少し変だった。

暗がりの中,このときは,これはいい!とばかりに拍手をし出して(´∀`)
少し違った盛り上がりをしてきた。

メインステージからセンターステージに移動するカートは最初の武道館では手動。
たぶんこれは変わっていないと思う。メインモニタの回転,展開も手動だったようだ。
やっぱり一発勝負の場では人力,これの方が間違いがない。

工場システム作ってたことがあるけど,システムを入れ替えた時は
テストはするんだけどうまく動くかひやひやだったなぁ。
ただ,リフターとかクレーンは何ともしがたく,これは電動にならざるを得ない。
まぁ,機械そのものはほとんど壊れないんで,信号系か。

あ 時空のゆがみが生じて。
  今日は大事な日だから。スタッフも気合いが入って
  リフターも気合いが入りすぎて
  思いがあふれたんじゃろうね

とうまいことをおっしゃる。
こういうのはずっと記憶に残るから,見てる方としてはいい。
文字通り,ライブならではだった。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
jpnの広島グリーンアリーナ2日目のアンコールで
オープニングが数秒ながれて止めた時のことを思い出しました。
封印していたポリリズ厶を披露したのは
お詫びの気持ちからだったのでしょうか。
特別な宴になりました。
2014/09/30(火) 00:24:32 | URL | とらやぎ #6AWUBD.o[ 編集]
ハラハラ...
この日には同席しておりませんでしたが...

確かに貴重な体験ですね。
しかし、自分がその場に遭遇したらハラハラしてしまっい、いても立ってもいられませんです。
丁度一番の見せ場で、カッコイイPerfumeの場面でしたし。
2014/09/30(火) 08:17:32 | URL | ハリー伊藤 #jKvnHcOQ[ 編集]
>封印していたポリリズ厶
これ,なんで完全封印しなかったのかなぁ
そうすれば,完璧だったと思います。
2014/10/02(木) 21:45:26 | URL | elf51 #-[ 編集]
>貴重な体験
そうなんですよ。真っ暗でよく分かりませんでしたが(^^)
ただ,映像のタイミングも乱れ,かなり変でした。
たぶん,裏側では怒号が響いていたかも(*´ー`)
2014/10/02(木) 21:47:46 | URL | elf51 #-[ 編集]
はじめまして。私も代々木三日目に参戦しました。
一人でステージに上がった後の挙動不審なのっちには思わずニヤニヤしてしまったものです(笑)
すごいハプニングでしたが、きっともう見ることのない貴重な体験であって、むしろ得をした気分ですね。
あ~ちゃんの絶対誰かの何かのせいにしない素敵なフォローの数々に、同年代の女だけど心底惚れました。
彼女のような人が職場にいたら全体の士気が上がりそうですね(笑)
2014/10/13(月) 15:39:17 | URL | #3/2tU3w2[ 編集]
こんにちは。
ライブでトラブルにあったことはほとんどないので,
こういうのは珍しくて逆にいいわけですが。
まずまず戻しましたね。

ああいうときはどこからどうするっていう指示は監督さんが
出すんでしょうかねぇ。裏側も気になるところでした。
2014/10/13(月) 22:26:54 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック