Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2014年02月28日 (金) | 編集 |
95万部のベストセラー。この冒頭にはこうある。
--------------------------------
もし道に迷ったら,
一番いいのは猫についていくことだ。
猫は道に迷わない。
 チャールズ・モンロー・シュルツ
--------------------------------

Perfumeでライフハック。
人生をPerfumeでニャンとかしよう。

【第2回】 スキマにチャンスがある

近未来テクノポップ

「近未来」はともかく,「テクノポップ」というのはみんなが忘れかけていた
言葉だった。
なにゆえ,テクノポップだったのだろう。

「テクノポップ」は1978年に生まれた造語,その後坂本龍一が使ったことで
広まったと言われる。
同世代ど真ん中で,真剣に「テクノポップ」を聞いていなかった人としては
「テクノ」とだけ言われるのが一般だったと思う。
wikiではクラフトワークを評してとあるが,前世代の人から言うと
クラフトワークは日本では「プログレ」の範疇で現れたグループだ。

忘れ去られた「テクノポップ」を引っさげたPerfumeは,
マイナーながらもそのジャンルではなんとなく引っ掛かる人が出てくる。
メジャーであろうが,マイナーであろうが,ジャンルで音楽を聴く人は多いのだ。

「テクノポップ」,
当時アイドルと言われるひとは誰もやっていなかった。
まさにスキマだったのだ。

ポリリズムでブレイク後は,「YMO以来」というマスコミの
安直でわかりやすい書き方に一般人は納得した。
その後もなんとなく勘違いされながら。

スキマで勝負するというのは,弱者が飛び出すことのできる戦略だ。
王道で勝負すれば,パワーのあるものが勝利する。
それは,本人実力だけの問題でもなく,事務所の力とか,投入する人と
お金によるし,時流にもよるので難しいところだ。

ただ,今ヒットしている物と同じ物をぶつけてもそれ以上のパワーが
ないと単なる二番煎じになってしまう。
一方で外れればB級のレッテルを貼られる。

Perfumeはなぜ売れたのだろう?


*1 人生はPerfumeでニャンとかなる 【第1回】 隙があるからこそ好きになる

関連記事


コメント
この記事へのコメント
近未来テクノポップユニット
近未来テクノポップユニット という言葉によってPerfumeに辿りついたのを思い出しました。
矢野顕子の春咲小紅、安田成美の風の谷のナウシカ、
越美晴のParallelisme あたりが好きだったので。
1962年生まれにとっては、Perfumeは不思議な感じがします。
郷愁なのかな。
2014/03/01(土) 01:40:36 | URL | とらやぎ #-[ 編集]
曲もPerfumeのスタンスも「郷愁」というのはキーのひとつですね。
Perfumeの持つ保守性はお母さんの影響が大きいようです。
http://vaxelf.blog15.fc2.com/blog-entry-2403.html
2014/03/01(土) 07:57:31 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック