Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2013年08月29日 (木) | 編集 |
クラブダイヤモンドホールはこじんまりと400~500人くらいのホール。
僕はCASIOPEAを通して聞き出したのはここ何年かなので,曲名は有名
なのしか知らないし,CDでの音しか知らない。
当時はブラスがなかったのでT-squareを聞いていたし。

オルガンの音に慣れるのに少し時間がかかる。
オルガンがこんなに主張の強い楽器だとは思わなかった。
右手左手だけじゃなく,フットペダルを使うんで,音が分厚い。

野呂一生のギターは綺麗な音を出すんで,どうもオルガンのパワーに
消されて聞こえない。
と,1曲終わったところで横で,音量を調節していた。
場所はセンターやや右にいたので音を取るにはよく,バランスが悪かったと思う。

1曲目から歓声がすごい。でもスタンディングはなくて,このあたり
初っぱなから立ち上がるT-squareとはちょっと違う雰囲気だ。
ただ,歓声も拍手も大きかった。

神保彰のドラムは初めて見た。
短い拍の中に何回叩くんだ,というのは結構あるけど,
何回,どこを叩いてるんだ!という。
ドラムでメロディを作ってる感じ。神手だな。

とにかく4人ともうまい。
野呂一生は日本のフュージョンを作ったような人だからなぁ。
16ビートのファンク感,と変則リズム,アドリブの掛け合い
最近は,歪んでないギターの音が好きなので,ぴったり来る。

やってる曲はこれと同じ。この動画はギターオルガンのバランスはいいんで
音のセッティングが悪かったのだろう。



会場には小学生,中学生もいて。CASIOPEAキッズと言うらしい。
アドリブと,アンサンブルと,こういうカッコイイ音楽が
伝わっていく流れはあるようだ。
こんなところから天才演奏者がまた出てくるのだろうな。
音楽のできる人は20代から出てくるから。

 2013/08/21 クラブダイヤモンドホールにて


関連記事


コメント
この記事へのコメント
神保さん、相変わらず良い姿勢を保っているのに感心します。
体の軸が全くブレません。

楽器を演奏する際に正確な演奏を維持するために、
「支点を保つ」というのが基本中の基本だと思います。
本当に上手い人は支点が全然ブレないんですよね。

野呂さん、トレード・マークのフレットレス・ギター、
健在ですね。
正確な音程を出すのはかなり難しいと思います。
私なぞフレットレス・ベースでも音程が怪しい。(特に早い曲)
2013/08/30(金) 19:05:10 | URL | K太郎 #rKMb2luM[ 編集]
確かに1本軸で平然とやってますね。
けっこうドラムソロの長いのって飽きることが多いんだけれど,あれはすごい。
10/15の大阪フェスティバルホールはT-sqaureスーパーバンド
+ゲストは野呂一生なんですが,さすがに平日は無理です。
2013/08/31(土) 18:10:20 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック