Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2013年12月14日 (土) | 編集 |
いわゆるアイドルという人は,自分の中でどう折り合いを付けているのか?
僕はもう何十年も前から興味があって。

長谷川昌一がトップアイドルだった安倍なつみにインタビューしている。

--------------------------------
「顔」「メイン」「センター」--常日頃から意識してきたからだろう。
安倍の口からはトップを張る者の矜持のようなフレーズがよどみなく飛び出した。

安倍 「ファンのみんなが「明るい元気ななっち」を求めるけど
    その期待に応えれば応えるほど,「ホントの安倍なつみ」は
    どんどん置いてけぼりになっていったんですよね・・・・・・。

16歳で芸能界デビューして以来,つねにファンの求める期待に応え続けてきた。
人気が沸騰し,ファンの求める期待はさらにエスカレートしていく。

安倍 いつも笑顔で,責任感が強くて,しっかりしてて・・・・・・。
   はじめの頃はみんなが求める《なっち》を頑張って表現していたけれど
   いつ頃かな?20歳になる頃かな?
   少しずつ大人になっていって,クールな自分,大人っぽい自分が
   出てきたときがいちばん葛藤があった頃ですね・・・・・・

モーニング娘。のセンターとして突っ走っていた頃,安倍なつみの中には
二つの人格があり,二つの人生を生きていた・・・・・・。

 私がアイドルだった頃 長谷川昌一
--------------------------------

Perfumeがポリリズムでブレイクしたのが19歳。
長い潜伏期間を経ていきなりブレイクしたので,そのとまどいも
大きかったようだ。

あ 歌手ってこういう活動をするんだって

やっていることが認められない,結果が出ないと悶々とする時代より,
Perfumeが一番揺れていた時代じゃないかと思う。

Perfumeのアイデンティティーって結構揺れているんだよなぁ。
それは,たぶん今も。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
活動がどんどん大きくなっても、ましてや世界に出ていくようになっても
不遇の時代が長すぎたせいで常に崖っぷちにいる感覚なんでしょうね。
今も自分達がそんな有名なアーティストに…なんて信じられない
フワッとした、確固たるモノがあるようで無い感覚なんだと思います。
2013/12/14(土) 00:12:57 | URL | PPPHIVE #-[ 編集]
アイドルって10代からぽんと世に出されて,大人の思惑の中で
生きるわけだから,相当タフな精神でないとやっていけないんだろうと思います。
あるいは,ある種の強迫観念みたいなものを持っているか。

Perfumeはいろいろな矛盾を抱えながらスタートして,巨大化して
きましたが,その矛盾は克服されたわけでもなく,
改めて別な矛盾も生まれて,それを抱えつつ,というところだと思います。
2013/12/14(土) 00:32:51 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック