Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2013年05月19日 (日) | 編集 |
日常が流れていく中でふと立ち止まってbitterを見ようと思ったりする。
忘れた頃に誰かがBlogで書いたり。
僕はbitterの画を持ってくる人は怪しいファン(^^)だと思っています。
そして,ある種の親近感を感じ,敬意を抱きます。

bitterは,あのころが詰まった結晶のような世界,
それに響く感性の人だと思うからです。

--------

Perfume20130518.jpg

Perfumeの本格的なライブイベント。
原宿アストロホールは400人くらいのキャパだ。
予告があってから入りを心配する書き込みが当時のNETのLOGには書かれていた。
今では信じられないが,Perfumeにとっては微妙な数字だったようだ。

あ ハコが取れなかった
ということで,クリスマスイベントにもかかわらず12月の21日という微妙な日程。

19時スタートだが,Perfumeが出てきたのは20時くらい
ワンマンかのように思われたりするが,ゲストありのライブだった。
これも微妙。

全15曲,アンコール2曲とここまではDVDにある。
あまり知られていないが,最後に全員で「サンタが街にやって来る」を歌い
MCがあって終了したということらしい。
Perfumeらしいほのぼのした終わり方だ。

また,今は人気で僕も好きな高島屋の衣装は,必ずしも評判がいいわけでも
なかったようだ。派手っぽいとか。
おそらく今までのアイドルのイメージに合わなかったのだろう。

いろいろなところが微妙なライブだった。

bitterには高校卒業から大学に行くことを決断し,揺れ動いた姿が結晶のように
そのまま綴じ込められている。
ろうそくの炎が消えそうに振れるが如く,不安とかすかな希望,光と。

そして彼女たちはこの後ブレイクすることを知らない。

何も知らないまま,光り輝くガラスの中に閉じ込められていく。
そこには,結晶のもたらす光のイメージと,結晶世界における永遠性が感じられる。

僕はおそらくここに帰りたくなるのだと思う。ふと思いついたように。


 Fan service bitter Perfumeの結晶世界(1)
 Fan service bitter Perfumeの結晶世界(2)
 Fan service bitter Perfumeの結晶世界(3)
 Fan service bitter Perfumeの結晶世界(4)


関連記事


コメント
この記事へのコメント
う~む
>bitterには高校卒業から大学に行くことを決断し,揺れ動いた姿が結晶のように
>そのまま綴じ込められている。
>ろうそくの炎が消えそうに振れるが如く,不安とかすかな希望,光と。

凄く刺さる表現です。素晴らしい。bitter愛ですね。愛。
2013/05/19(日) 01:22:51 | URL | PPPHIVE #-[ 編集]
無垢な感じ,それが衣装の白のイメージと被りますね。
実は当時もすごいベテラン,プロだったわけですが。
そんなギャプもあり,魅力を感じるところです。
2013/05/19(日) 19:34:07 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック