Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2013年01月26日 (土) | 編集 |
読んではいたが,話が高級なので(´ー`;)
感想も書きにくいけど。

以前平均律の話を書いたが,思いがけなくここでも出てきた。

--------------------------------
坂本 やっぱりMIDIは平均律だし,縦も横も方眼紙みたいに
   決まった世界だからつまらないんですよね
--------------------------------

wikiによると
各音の音程の幅が一定であり,どの音の間でも同じ音程なら同じ周波数比になる。
で,このことを言っている。

--------------------------------
坂本 オーディオ・ファイルをPro toolsに入れて加工するというのは,
   キャンパスに絵を描いていくのに近い感覚…
   オブジェを置いたり,色を変えたり,引き伸ばしたりするようなイメージ
   なんです。
--------------------------------

と芸術家らしい表現でわかりやすく説明してくれた。

●  中田さんも平均律から逃れるために,一時期イベントで微妙な
   音階を表現していましたね

そういえば,以前エルニーニョ氏が,パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
について音とかテンポが微妙にずらしてあるというのを書かれていた。
音階と音階の間の波長の音程を使っているらしい

本編の作品でもこういう意図的なずれを設けているのかも知れない。
ときどき変なコードが被さってきたり。

ヨーロッパではバイオリンとかフレットの無い楽器が発達して
微妙な音の変化は付けやすかった。
そういう曖昧な選択ができる環境では人の感覚もまた磨かれるわけで。
物作りも洗練されてきて,ドイツの職人芸というのもそういう微妙な
調節能力の現れなのかもしれない。

昔はダイアルとか,ボリュームもアナログで微妙な調整ができて
そういのが生活の中にあったのだけれど,今は1か0だからなぁ。

--------------------------------
●  では,最後に坂本さんから中田さんに向けて,音楽家として末永く
   活動してくためのアドバイスをいただけますでしょうか?

坂本 僕の場合は自分が飽きないようにやってきただけなんです。

   自分が聞きたい音楽を作っているだけで,音楽制作はどろんこ遊びの
   ような感覚。
   あまりビジネスと思っていないんです。

   ----

   矛盾するようですけど,純粋に自分のために作った音楽よりも
   クライアントのために作った音楽能方がよい場合もある。
   いろいろな制約をかいくぐって相手の条件を満たしながら作ると,
   力のある作品にはなっていきますようね
   そのバランスは本当に難しいです(笑)
--------------------------------

クリエイターにとって,クライアントの要求は必ずしも「制約」でもなく,
ということか。
中田さんも自分の聞きたい音楽をやっていると以前から言っているが,
それが売れるんだから,幸せなのかも。

*1 Sound & Recording Magazine 11月号
  インタビューは4,5ページ。まだ在庫はあるようです。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2012年 11月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/10/15)
サウンド&レコーディング・マガジン編集部

商品詳細を見る


関連記事


コメント
この記事へのコメント
音程にこだわりがあると、平均律から抜け出したくなるようですね。
例えば「ブルーノート・スケール」。
これはブルースやジャズで使われる音階ですが、
普通のドレミファ・・・(長音階)にラシドレ・・(自然短音階)を重ねたものです。
この長音階からはずれた音(レ♯、ソ♯、ラ♯)を「ブルーノート」というわけです。
しかしこのブルーノートは厳密には平均律では若干音程が違うため、
(1/4音低い、だったかな?うろ覚えですみません。)
正確なブルーノートを出すために発明されたのがギターの「ベンディング
(チョーキング)」というテクニックらしいです。

そして「ホンキートンク・ピアノ」。
文字通り「Honnky Tonk(場末の酒場)」にある調律されていない
「調子ぱずれのピアノ」の意味です。
しかし、ピアノはギターのようなベンディングが出来ないため、
正確にブルーノートを出すためにわざとずらした、という説があります。

唐突ですが、ローリンク・ストーズにHonky Tonk Womenという曲があります。
「場末の酒場の女たち」ですが、「調子ぱずれの女たち」と解釈する人も
います。(私もです。)
2013/01/26(土) 19:24:40 | URL | K太郎 #5zprNnt2[ 編集]
Honky Tonk Women
というとレオンラッセルのやつを思い出します。
ストーンズはほとんど聞いてなかったんで(*´ー`)
このギターはオープンチューニングでしたね

とりあえずブルーノートスケールを弾くとなんとなくJazzぽくなります。
楽器初心者にはいいです(^^)
2013/01/26(土) 23:05:22 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック