Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2012年11月04日 (日) | 編集 |
街がJazzということで,結構おもしろいイベントだった。
来ているミュージシャンは300人,協力企業は100社以上。
でもこれ,NPOでボランティアの運営だそうで。

岡崎と言えば,内田修さんがJazzファンの中では有名。
”ミュージシャンではなく,評論家でもコレクターでもない”
Jazzファンというスタンスが素晴らしい。
でも”日本のジャズを陰で支援し続けてきた”という存在。

”岡崎市内在住の1人のジャズファンの存在がきっかけとなり始まった”
あぁ,やっぱり。

動いているのはおじさん,少し前のお嬢さんみたいだけど。
音楽としてJazzを見れば
コードは決まっているが,あとは自由,アドリブの連続は
ずっと作曲しているに等しい。フレーズの勝負なんだなぁ。

Jazzにウッドベースを入れた奴は天才。
リズムを刻んでいるんだけれど,その躍動感は楽曲の表情を作るし,
裏でメロディを弾いていたりする。

僕の先輩は「バッハが生きていたらたぶんJazzをやったと思うな」
と言っていたけれど,そう思う。

ある決まりがある中でも自由度があるし,楽器同士のコンビネーション,
一方では戦いもある。
今の音楽の多くはビートだけになってしまったが,そのビートもJazzにはある。
この面白さは多分大人にならないとわからないんだろうなぁ。


市原ひかり。珍しい女性のトランペッターだ。
この人は13歳でトランペットを始め,10年くらいでプロデビューしている。
すごいね。山下達郎も認める作編曲能力。

女性のサックス奏者は結構いるが,多くが4ビートをやりながらも甘たるい曲に
行ってしまうのが多いのに対し,彼女の作る曲はcoolでカッコイイ曲が多い。

龍海院の本堂,確かに寒い。
まだ,使わないフリューゲルホルンのマウスピースをポケットで暖める。
取り替えたペットをライトの前に置いて暖める。

音が鳴らないからな。プロのちょっとした行動に音へのこだわりを感じる。


ただのファンがJazzを支える…

Perfumeにこだわり続けるただのファンが次のファンを呼んで来ることが
できればいいなと思う。

--------
日曜だが今日から仕事で東北に出ます。
Blogは予約投稿を入れながらあとはスマートフォンで。便利になった。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
JAZZはアレンジやアドリブの勉強になるのでよく聞いてます。
特に私は基本がBlackなので、避けて通れません。

JAZZは基本が自由な音楽なので、いろんな方面からアプローチがあります。
その中で面白いのがBluegrassからのアプローチでした。
それが「DAWG(ドーグ)music」です。
DAWGとは、中心人物のマンドリン奏者デビット・グリスマンのフルネーム
の頭文字を並べたものだそうです。
JAZZのスタンダードを演奏したり、ビッグバンド風のホーン・セクションを
入れたりしてなかなか面白いので、一時期注目していましたが、
話題にもなりませんでした。

David Grisman Quartet - E.M.D.
http://www.youtube.com/watch?v=x05z27blg80

オリジナルのようですが、凄いとしか言いようがない・・・・
しかし、心に響かない。
なんとなく受けなかった理由が解った気がします。
この曲、メインとなるメロディーが無いんですね・・・
オリジナルはほとんどこんな感じです。

このグループは最初「あの」スティファン・グラッペリが
バイオリンを弾いてました。
まあ、グラッペリを探していて偶然DAWGを見つけた、
というのが本当のところです。

Stephane Grappelli Plays "How High The Moon"
http://www.youtube.com/watch?v=S4kf5aU1Wtg

本当はピックアップを付けたバイオリンでフュージョン
やってたのが見たかったけど、見つかりませんでした。
実は彼はエレクトリック・バイオリンの先駆者なのです。

PerfumeでJAZZといったら「23:30」ですね。
最初はこの曲にものすごい違和感がありました。
しかし、DVDのエンドロールに使われたのを見た時に、
「まさにこのために作った曲なのでは?」と思い、
評価が180°変わりました。
聞き方によってこんなに違うものなのですね。
中田さんが「またエンドロールの曲作ったよ~」
的なことやってくれるのを期待しています。


2012/11/05(月) 20:37:19 | URL | K太郎 #AwXtAzJc[ 編集]
>ものすごい違和感がありました
Jazz風の良質J-popなんて書いたことがあります。
基本的に打ち込みのウッドベースにあのグループ感が出るのか?
っていう問題はあって。スライドとかね
再現するとなると細かく入れなきゃならない。
Pro tools ならできるのかな?
ロンカーターが作るピッチはリズムは一定なのだけれど
そこに感じるグループ感は均一なものでない,などなど。
電子音楽でGrooveは作れるのか?っていう疑問はありますね。
2012/11/06(火) 17:59:04 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
街がJazzということで,結構おもしろいイベントだった。来ているミュージシャンは300人,協力企業は100社
2012/11/04(日) 09:47:40 | まっとめBLOG速報