Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2012年10月30日 (火) | 編集 |
音楽プロデューサー・佐久間正英氏が語る「音楽業界の危機的状況」

これに書かれている”諦める”という意の捉え方が少し違うということで。

四人囃子,なつかしいなぁ。
あの猿みたいなやつがぶら下がっているジャケット,僕らは
あれをこけざるのツボと呼んでいた。何だか変な絵だったんで(*´ー`)

yoninbayashia.jpg

------------------------------
ライブを見られるのは僅かな人々と少しの時間です。
実際には多くの人はヘッドホンで音楽を聴き、家で音楽を流し、
ということをやっている。
もし新しい録音物が作れなくなってしまったら、みんな昔のものしか
聴けなくなってしまう。
------------------------------

本当にその場にいられる人って,限られるんだな。
見れなかったことに,ずっと引っかかりができたり。

いいものを提供していれば売れるのかというとそうでもなく。
ただ,文化の跡を伝えていくということでは,質の良い物が必要だろうし。

森村誠一の言ったことが思い浮かぶ。


クリエイターは難しい職業だなぁ。
ただ,どこかの誰かの中に残っていくだけいいか…

関連記事


コメント
この記事へのコメント
「一触即発」!!
いやあ懐かしいです。この曲もコピーしました。
うちの大学のサークルは当時、ベーシストが少なかったので、
最大4つ掛け持ちしてました。まさに何でもアリ状態。
(無節操と言っていいかも(^^; )

この曲は個々のフレーズも難しいのですが、
そのフレーズを違和感なくつなげることに苦労した記憶があります。
今ひさしぶりに聞きました。綿密に作りこまれた一曲・・・
ホントに「大作」の名がふさわしい曲だと思います。

何かで読みましたが、「芸術におけるエントロピー増大則」というものがあるようです。
要するに流行歌も何回も聞けば飽きるし、最初の感動もなくなる。
何もなければ時間が経つにつれてその世界そのものの興味がなくなる、らしいです。
そのためには「新しいもの」の投入が不可欠なのですが、
新しい有能な人材を出しにくい今の音楽界は憂慮すべきかもしれません。
では私は何をすべきか?・・・うーむ
いい方法は浮かばないけど、新しいものをキャッチするアンテナは拡げておくことと、
懐古趣味ではなく、昔はこんなものがあったよ、と発信することと思ってます。
知らなかった人には「新しい発見」ですから。
2012/10/30(火) 20:59:45 | URL | K太郎 #AwXtAzJc[ 編集]
P.S.
一触即発の時は、ベースは佐久間さんじゃないのね。
ずっと勘違いしてました・・・
2012/10/31(水) 21:08:03 | URL | K太郎 #AwXtAzJc[ 編集]
??これは演奏する曲だったのですか(^^)
Yutubeで久しぶりに聞いたら,聞くのも難しい曲でした(*´ー`)
レディバイオレッタなんかはみんなやっていましたが。
http://www.youtube.com/watch?v=rXuW8vgU5YY
四人囃子というと森園勝敏のギターということになりますが,
おまつりのギターは最高でした。
それと被るようにベースもメロディを弾いているような感じで。
ベースの中村さんは2011年に亡くなったようですね。
僕もメンバーのことは頭になく,このジャケットだけが
強烈に残っています。たぶんジャケット買いしたと思います。
日本のプログレの金字塔ですね。ベタですがやっぱりそう思います。

エントロピーは拡大する方向に動く,ということで
Blog発信も何らかの意味があるのだろうと最近思うようになりました。
2012/10/31(水) 22:21:35 | URL | elf51 #-[ 編集]
先日、DOMMUNE でジェフ・ミルズが「エレクトロニックミュージックは次の10年で最も重要な時期を迎える。重要なものとして後世に残されるか、残り物として廉価版の棚に並ぶだけで終わるか、それが決まる時期だ。」と語っていましたね。その時の毛利さんとの対談は他にも興味深い物ばかりでした。
http://togetter.com/li/398385
2012/11/01(木) 01:32:44 | URL | pppk #-[ 編集]
音楽は伝説と一緒に残ったりしますので,いい音楽ばかりが
残るわけではありません。この「いい音楽」というのもいったい
何をさすのか…
100万枚売れた音楽を持ってる奴がまわりにいないとか,
誰も歌えないとか(^^)
僕が聞いているのは'50~'60のJazzですからねぇ。
残るものは残るんですなぁ
2012/11/01(木) 21:12:50 | URL | elf51 #-[ 編集]
確かに良い物は残ると同意したい所ですが、現実的にはある程度の広がりがなければどんなに良い曲でも忘れ去れてしまいます。メジャーに所属していなければ楽曲を長期に管理して行く事自体も困難で難しい問題です。
2012/11/02(金) 21:48:39 | URL | pppk #-[ 編集]
昔の曲はよかった,ってよく言いますよね。
あれはいい曲だけが残っているんです。つまらない曲はいっぱいあったんです。
ただ,その中で本当にいい曲も消えていっているんでしょうね。
また,「いい曲」というのがどういう曲なのか,それもわからぬ所です。
音楽はその人の思い入れによって残るものでもありますので。
2012/11/03(土) 19:49:17 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック