Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2012年11月16日 (金) | 編集 |
「美とは」の実験 5億円の楽器で世界有数の演奏者が...路上で弾いてみた
演奏中1,097の人々が通過。そのなかでわずか7人が足を止め,
27人がお金を入れた。合計32ドル。

こうなると絶対的な音楽,いい音,いい音楽とは何なのか
わからなくなってくる。

人は,しかるべき場所で,構えて聞く。
周りの雰囲気で音楽も変わるということだろう。


海外ライブの中に少しだけ入れられるファンクラブの会員も
曲によって作られてきた定番のノリを作るには必要だろう。

フェスの大きい会場では,ノリたい人がいっぱいなので
盛り上がりという点では心配はないのだろうが。

+音楽は,思い入れで変わるのでややこしい。
いい音楽とはいったい何なのか

ダウンロード刑罰化でCDは売れるはずだったが,変わらないどころか
ますます売れていないらしい。

2012年 オリコン年間シングルランキング 暫定
寡占状態ですな(´・ω・`)

関連記事


コメント
この記事へのコメント
人の感じ方は対象となる物の歴史や思い込みで生理的なレベルで変化するという事の例として TEDTalks でも取り上げられてましたね。
http://www.ted.com/talks/lang/ja/paul_bloom_the_origins_of_pleasure.html

人が感覚的に把握する物に絶対的評価は無いのだと思います。
2012/11/17(土) 00:18:11 | URL | pppk #-[ 編集]
「いい曲」が存在するのか,これはあると言い切れるでしょう
では,何が「いい曲」なのか,それはわかりません。

「全ての価値は相対的なものに過ぎない」
70年代にはそういう価値観,ニヒリズムが流行りまして(^^)
木枯し紋次郎に憧れた世代としては,大きく影響されました。

今の音楽で何が残っていきますかねぇ。
100万枚売れた曲でも多くの人が歌えないとか??
2012/11/18(日) 09:40:11 | URL | elf51 #-[ 編集]
相対的というともっともらしいですが、現実はもう少し複雑ですよね。
何が「良い」のかという問いにはこの TEDTalks で語られているこの内容が答えに近接していると思います。
http://www.ted.com/talks/lang/ja/malcolm_gladwell_on_spaghetti_sauce.html

今は静かに大きなターニングーポイントを迎えているような気がしますね。ネット上の膨大なアーカイブは人の価値観に変容を促す事になるでしょう。
2012/11/18(日) 22:42:15 | URL | pppk #-[ 編集]
情報が多くなりすぎました。
新聞,TVが今ひとつ?,口コミは信頼度があったはずですが,
それもやらせありとなると,ネットの情報を整理,切り捨てする
情報屋みたいな商売も出てくるかも知れませんね。
今でも予想屋とか似た感じで存在するわけですが。
また人は,あいまいなものを好んだりします。これがまた難しいところです。

「急に売れ始めるにはワケがある」に書かれている
少数者「コネクター」→グループを繋ぐ人
「メイヴン」→評論家
「セールスマン」→売り込む人
はおもしろいですね。
かつてあったPerfumeブログも含めて眺めると,見事に3分されると思います。
2012/11/20(火) 12:09:16 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック