Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2011年04月03日 (日) | 編集 |
「頼まれました」の合い言葉のもと,のっちがBlogに書いた文章が拡散された。
これを題材に少しだけ,著作権について考えて見よう。少しだけ。

(1)人格権tyosaku1.jpg
著作権は,人格権たる著作人格権と,財産権の
著作権に分かれる。
著作人格権は,自分が作った作品を勝手に変え
られたりすることを守る権利だ。
あと,公表権,氏名表示権がある。

「のっちの意思を伝えるには全文をコピーして」
というのは彼女の人格権を守る上では妥当な考え
と言えるだろう。

(2)財産権
著作権は無体物だが,財産権でもある。
したがって,譲り渡すことも可能だ。
のっちのBlogは自分で書いているので「著作者」
はのっちだ。
だが,財産権たる著作権はPerfumeのオフィシャルBlogの
表示を見る限りアミューズに属しているのだろう。そう推測される。

著作者のっちが,「広く伝えて」と意思は示しているものの,
複製権の権利者はアミューズであるので,この文章を
コピーしてBlogにのせるにはアミューズの許可が必要となる。
許可がなければ,複製権の侵害となる。

(3)複製権
著作権者たるアミューズは,複製権がある。
考えたものを独占して複製できる権利だ。そのほか,それを加工して
利用する権利も持っている。
独占権なので第三者が権利者に無断で利用することはできない。
雨だからと言って,人の傘を勝手に持って行ってはいけないのと
同じように,無断で利用は出来ない。

なお,よく言われる肖像権は著作権法上の規定にはない。
民法上の不法行為(それはやっちゃいかんだろう行為)として扱われる。

(2)引用
著作権法は一定要件のもと,引用することを認めている。
著作権法の趣旨は,著作物を利用することによって文化の発展
をさせようということなので,著作物が利用されることは歓迎されている。
また,引用に必ず許可が要るとすると,ある論説に対する批判が
書けなくなくなることから,条件をみたせば引用して良い
ことになっている。

引用ができるためには,「公表」されたものでなければならない。
のっちのBlogは会員だけに公表されたものだが,「公表」には
特定人を含むので,会員が何人もいれば「公表」されており,
これを引用すること自体は問題がないと思われる。

が,この引用のハードルが意外に高い。
まず,引用文が明確に区別されていること。
また,主従の関係を明確にしなければならない。つまりのっちの文
が従,自分の文が主でなければならない。
したがって,のっちのBlogを全文コピーして,「とてものっちは
いいことを言っている」と一文加えただけでは引用とはならない。


ということで,著作者のいい人のっちが,「ありがとう」と言っても,
Blogコピーは複製権侵害なのだが,
あの,心あふれる文章がPerfumeファン,さらにファン以外の人に
伝わることはよかったのだろうなと思う。

重苦しい雰囲気の中,Perfumeとして一声を放ったのはのっちだった。
ポリループが終わった後,大歓声とコールが怒号のように渦巻く中
センターを割って,歌い出すのはやっぱりのっちだった。そんなふうに…

そして黙認を続けるアミューズという会社の度量の大きさに,感謝を。
ありがとうございますと。


*1 写真を使うので…アウトだなぁ…
  「のっちの萌えポーズ」とか,文章では書きようがないのだが…
*2 著作権の規制はますます強まる傾向にある。
  来年はDVDの私的コピーも禁止になるだろう。
  小学館は著作物の二次的利用の規制に乗り出しているという。
*3 メールを気軽に転送したりするが,本文が著作物であれば複製権違反だ。
*4 Youtbeなどの動画もそれ自体の著作権論議の次は埋め込みコードを
  貼り付けた側に問題は移るようだ
*5 この手のBlogはいつまで続けられるか…


関連記事


コメント
この記事へのコメント
著作権法は、「法人著作」、つまりある場合に法人が著作者になることがあると定めているんですが、法人著作が成立する基準(15条です)が、これまた解釈のめんどくさいモノらしいです。今回の場合は、さてどうなんでしょうかね…
2011/04/03(日) 08:18:23 | URL | いたち #-[ 編集]
なかなか自分では調べようとしない無精者なので、興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。
今回の件は…もし自分がファンblogを書いていたら、とりあえず全文転載はしなかっただろうと思っています(´-`)
2011/04/03(日) 08:37:39 | URL | さびねこ #iU4puUNs[ 編集]
法人著作はその法人が「歌を作ろう」とか「本を作ろう」
という企画とお金を出して積極的に関わった場合に
著作者となり,成立します。
Blogは個人の思いつきによるのでこのケースでは法人著作
にならないと思います。
ただ,Perfumeの場合は個人事業主(これも謎です)として
会社と契約する際に著作権(財産権)を譲り渡して,全ての
権利の管理をまかせていると推測されます。
この場合は,許諾を得る先は会社の方ということになります
2011/04/03(日) 09:47:52 | URL | elf51 #-[ 編集]
>ファンblog
「引用」ならばよいわけですが,引用も結構制限があります。
ただ分量もさることながら,「正当な目的」をもって判断されますので,
その理由により許諾はされるのだろうと思います。
ニコ動から動画がいっせいになくなったように,ファンblogも
一掃されるときが来るかも知れない,そんなふうにも思います。
2011/04/03(日) 09:48:36 | URL | elf51 #-[ 編集]
のっちのブログ
のっちのブログを読むと、常々これがPTA内なのは勿体ないなぁ~思う。
多く方が転載されてましたが、それが根底あるのでは。
2011/04/03(日) 12:12:59 | URL | 水狼 #-[ 編集]
いい文章を書きますね。目の前で話しているようです。
確かに表に出ないのはもったいないです。
また,あのBlogは,3人のをまとめていつか本にまとめて
欲しいなとも思います。
2011/04/03(日) 12:51:21 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック