Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2017年06月06日 (火) | 編集 |
あまりにもチケットが取れなかったのでいいかとも思ったが
2日続きで違うプログラムというのもなかなかないので
無理して行ってみた。

オープニングから豪華な,ここまでやれるかと言うような演出。
Perfume降臨の。
レーザーがいつもの斜に来るんじゃなくて天井から垂直に降ろした光束を
縦横の速い並び替えで見せていたから,「降臨」感が際立ったんだろう。
全部白い光だったし。フェスでも魅せるなぁ

セットリストは以下のとおり。

01 TOKYO GIRL
02 I still love U
03 FLASH
04 Magic of Love
05 いじわるなハロー
06 宝石の雨
07 GAME
08 エレクトロ・ワールド
09 Party Maker
10 Puppy love
11 チョコレイト・ディスコ

フェスということもあって予想しながら聞いていたけれど
後半は当たっていた。これくらいの曲数でフェスだとだいたい決まってくる。
いじわるなハローは久し振り,I still love U もレギュラーツアー以来かな。

I still love U は出た当時,歌謡曲みたいだと結構批判があった。
ライブでは低音響くダンス曲となっていて、その後評価が変わって行った曲。
レーザーの効果は大きいだろう。

I still love you は21才くらいの時の曲で,届かぬ恋の歌くらいなんだけど。
今やられると「あ~ちゃん結婚するんかいな?」何て言うように聞こえる(*´-`)
Perfumeも大人なんだよなぁ。

あと,聞き所としてはかしゆかの
「ねがうーなーらー」と言われていた。

いじわるなハローも可愛い系のPerfumeならではの曲。
女性受けは良かったみたいだ。

歌詞が見える振り付けがされているという。
逆に Party Maker みたいな歌のないところでのダンスは3人の個性が際立つ。
カミソリであったり,なたであったり,違った「切れ味」よく
フェスでは見ておくべき曲だろう。

新曲宝石の雨の振付が可愛い。
思い出すのはミュージカル「雨に唄えば」
”ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で,主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面”
あの世界観がある。

Puppy loveは本当は両手で交互にやらなきゃいけないのだが(´・ω・`)

最後はコラボなしということで
あ ふわぁっと時間をあけておいたんですけど
 今回はできんちゅうことで。

物足りないので,いきなり最後に追加で一曲やるという。
あ 何がいいですか?私たちの曲なら何でも

もともとPerfumeの現場力は高かったが,
3:5:6:9以来,何でもできるっていう自信ができたんだろうなぁ。スタッフ共々。
そういう意味で3:5:6:9のライブは凄かった。
と過去にラインがつながってまた感慨深かった。

スタンディングはかなりきついが来たかいはあったな。