Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
自分を許そう
2007年12月25日 (火) | 編集 |
まず…自分を許そう
傷ついている自分を受け入れ,自分を許してあげよう。

自分が傷ついていることを理解しよう。
そして,そんなに頑張っている自分を好きになろう。

まず…自分を許そう

そして自分を許せたら,相手も許してみよう。

  「鏡の法則」 野口嘉則



Perfumeの紹介する音楽
2007年12月21日 (金) | 編集 |
MTV PEEPといって,9月に放送された番組
この中で,のっちが,Moncky Masic-吉田兄弟のChangeを紹介しています。
のっちの言うように和+洋で,これ良いです。
遅ればせながら,しばらく三味線を聞いてしまった。
のっち,音楽センスいいですね。
はるか昔,女の子に彼女が聴いていた音楽を教えてもらって,
これが予想外によく,幸せになった時代を思い出しました。


Online Videos by Veoh.com



遠く消えたアイドルの影
2007年12月05日 (水) | 編集 |
さて,木村カエラのPUSHが効いてという話だが,確かに彼女の
ネームバリューは大きい。一般人の何千倍かの威力があるだろう。
しかし,そういう人が,良いと言えば売れてしまうのだろうか。

では,アミューズは今まで何をしていたのだ?
アミューズには福山もいるし,大御所サザンだっている。
彼らに「いや,(後輩が)こんな音楽やっていて…」といえばもっと
影響力は大きいだろう。

桑田佳祐はこの手の音楽に無関心でもないのだ。
彼は「KAMAKURA」というアルバムを作っている
 その中の Computer Children
などは,”エフェクトをビンビンにかけ,サンプリングを積極的に使ったテクノサウンド”なのだ。
Happy Birthdayという曲もアルバムではテクノっぽく仕上がっている。



アミューズはアイドル戦略に関して何を考えていたのだろう?
BE-HIVEが失敗してしまったため,アイドルの売り方を知らない
といわれてもいるが,そんなはずはないのだ。
古く男女ともにアイドルの原型を創ったのはナベプロであるし,そこにいた
大里氏はなにせキャンディーズ関係者なのである。

キャンディーズのノウハウはどこへ消えたのだ…



Perfumeブレイクのキーは7月に?
2007年12月03日 (月) | 編集 |
Perfumeブレイクのきっかけは何だったのか。

どうもPerfumeの売れ方,入り方にはいくつものルートがあるようだ。

・木村カエラのラジオでのプッシュ
・カプセル,中田ヤスタカ
・アイドルマスター
・AC公共広告機構
・宇多丸氏,掟氏などの業界人からのプッシュ
・もちろん古くからのファン
  これもPerfume一筋という人と,いわゆるアイドル好きという人がいる

しかし,どれもベクトルが違っている。

木村カエラのラジオは4月
アイドルマスターでPerfumeの曲が使われ始めたのは4月頃

アイマスは詳しいことを知らないのだが,これはこれでなかなか楽しめる。
7月がわかむらPの アイドルマスター Perfume パーフェクトスター・パーフェクトスタイル PV風
同じく7月に透過Pの アイドルマスター 「チョコレイト・ディスコ」 Perfume

AC公共広告機構のCMは7月から始まっている。
ニコ市場も7月12日から始まっている。

4月から起動し,7月から上昇気流にというところか,とにかく7月に流れが集中している。
サマソニの公式発表も7月27日だった。

ブレイクのきっかけは木村カエラなのか?
ネームバリューがある人が強力にプッシュすれば,売れていくのか?

そうだ,7月にはあの代官山UNITワンマンライブがあった。
とにかく2007年7月を基にPerfumeの周りのStreamは明らかに変わっている。