Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
| Login |
2007年08月31日 (金) | 編集 |




2007年08月25日 (土) | 編集 |
生物には「先行種」というものがある。
トリケラトプスという三角竜は,一本角のモノケラトプス,二本角のバイケラトプスを経て,
高度にバランスされた形で現れたが,このトリケラトプス以降,角の数がむやみに増え,
多角竜となって絶滅したそうだ。
過剰に適応した結果,自分の武器である角によって動きが鈍り滅んだのである。
そして,時を経て「サイ」が現れたのだが,その系譜は直接には繋がらない。
氷河期(160~10000年前)のスミロドン(サーベルタイガー)は虎とよく似ているが,前足
は短く,猫のようには早くは走れなかったという。

スミロドン

約2億4800万年前~2億1200万年前生息した植竜類(フィトサウルス)は外観はワニと
そっくりで,水中で生活していたのだが,ワニの直接の祖先ではない。

フィトサウルス

水中生活に適した最適化を図ってたどり着いたのが,現在のワニなのである。
まるで自然が,環境に適応するかどうかを実験しているようなのである。

さて,その先行種を持たない種別がいる。それが,”人間”である。
かつて,地上に人型の種が存在したことはない。
人間は自然が生んだ先行種なのか。
そして,人間は,自己の持つ矛盾によって自らを滅ぼそうとしているのだろうか…




2007年08月24日 (金) | 編集 |
--------------------------------------
「なぜたった1日で会社を辞めてしまったのか。
理由を訊ねられると,雨のせいだ,といつも答えていた。
私は雨の感触が好きだった。雨に濡れて歩くのが好きだったのだ。
雨の冷たさはいつでも気持ちよかったし,濡れて困るような洋服は
着たことがなかった。
ところが,その入社の日は,ちょうど梅雨どきであり,数日前から
長雨が降り続いていた。
そして私の格好といえば,着たこともないグレーのスーツに黒い靴を履き,
しかも傘を手にしているのだ。
よほどの大雨でもないかぎり傘など持ったこともないというのに,今日は
洋服が濡れないようにと傘をさしている。
丸の内のオフィス街に向かって,東京駅から中央郵便局に向かう信号を,
傘をさし黙々と歩むサラリーマンの流れに身を任せて渡っているうちに,
やはり会社に入るのはやめようと思ったのだ,と。この話に嘘はない。」

   (沢木耕太郎 深夜特急2より)
--------------------------------------

サンケイ新聞の夕刊で「深夜特急」の連載が始まったのは1984年6月17日からである。
この,会社を辞めたくだりは,初出ではないと記憶している。
確か,雑誌の見開き2ぺージの中に書いてあった。なんの雑誌だったか…

”雨が降ったら困るような服を着なきゃならない。
 そう思って,僕は会社をやめた。”

こんな風に記憶している。
そして,そのずっと後,僕も会社を辞めることになる。



2007年08月21日 (火) | 編集 |
「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて
 おこがましいと思わんかね……………」

「天地神明にさからうことなかれ,おごるべからず。
 生き死にはものの常也,医の道はよそにありと知るべし」

「わたしには一生わからないかもしれない…
 わたしには切るだけが人生なんだ」


black.gif



2007年08月20日 (月) | 編集 |
--------------------------------------
緑は長い間電話の向こうで黙っていた。まるで世界中の細かい雨が世界の
芝生に降っているようなそんな沈黙が続いた。
僕はそのあいだガラス窓にずっと額を押しつけて目を閉じていた。
それからやがて緑が口を開いた。「あなた,今どこにいるの?」と
彼女は静かな声で言った。
僕は今どこにいるのだ?
僕は受話器を持ったまま顔を上げ,電話ボックスのまわりをぐるりと
見わたしてみた。僕は今どこにいるのだ?
でもそこが,どこなのか僕にはわからなかった。見当もつかなかった。
いったいここはどこなんだ?
僕の目にうつるのはいずこへともなく歩きすぎていく無数の人々の
姿だけだった。僕はどこでもない場所のまん中から緑を呼び続けていた。

 ノルウェイの森 村上春樹

--------------------------------------



2007年08月18日 (土) | 編集 |
STARTREK NEXT GENERATION 通称TNGと呼ばれる。





2007年08月16日 (木) | 編集 |
 犯罪者を犯した男は,処刑地である火星に降ろされる。
 銀の玉をひとつ与えられて。
 この銀の玉は,処刑の機械なのだった。ボタンを押すと水が出る。
 渇きを癒すには水が必要だ。
 しかし,ある回数以上ボタンが押されると,内部の超小型原爆が爆発し,
 30メートルの周囲のものを一瞬のうちに吹き飛ばす。…

----------------
”目がさめたの。同じことじゃないの。
 何が同じなのだろう。ああ,そうか。彼はすぐわかった。
 これは地球の生活と同じなのだった。いつ現れるかしれない死。
 自分で毎日,死の原因を作り出しながら,その瞬間をたぐり寄せている。
 火星の銀の玉は小さく,そして気になる。地球のは大がかりで,だれも気にしない。
 それだけの違いだった。なんで,いまままでこのことに気がつかなかったのだろう。”

  「処刑」(ようこそ地球さんより)  星新一 



2007年08月16日 (木) | 編集 |
★★★★★
往年のスタートレックファンにはたまらない。



J・J・エイブラムスはロストやフリンジなど,凝ったストーリを作る人
だけに楽しめる。MI-Ⅲもそうだった。

スタートレックを知っていればいるほどにんまりとするところがいっぱいある。

・クリンゴンが出てきて久々に聞くクリンゴン語
・「私石屋じゃない医者だ」のパロディ
・おなじみの生物トリブルが登場し,伏線が張られる
・放射能を浴びて倒れるシーンはネメシスでのカークとスポックの役柄が入れ替わったもの
・クリンゴン船の追撃から狭い隙間を抜けて逃れるところはスタートレック ジェネレーションズ
・レナードニモイのスポックがゲスト出演とか
・予備知識なして見に行ったので,カーンが登場するとは思わなかった
・あと階段デッキが崩れ落ちて腕をつかむシーンはたぶんボイジャーからだと思う。
・その他,提督はロボコップのピーターウェラーだったんだな

最初の海からエンタープライズが上がってくるシーンとか。
メカニック好きにはたまらんね。
エンタープライズがワープに入って光束を引っ張る姿が圧巻だ。

宇宙から地球上に戻っての追跡,取っ組み合いの戦いとか,変化もある。

スタートレックは宇宙は舞台にしているけど,友情とか家族愛とか
描いていたりしていて,それがかなりしっかりしたサイエンスフィクションを
バックに拡げられるのが魅力だ。

船艦が崩壊するときに,船長が降りるようにクルー(乗組員)に指示する
わけだけれども,誰も降りようとしないんだなぁ。
船長への信頼と,艦への愛着,これがスタートレックではよく描かれるシーン。
クルーは家族でもある。

-----
僕にはそれがPerfumeに被るわけで
乗組員は3人が,「Perfume」はエンタープライズ号,
自分達と「Perfume」を別の生き物みたいに分けて考えているところなんかが。

本当は船長はあ~ちゃんなんだろうね。
暴走気味の船長を2人が抑えるっていうところも。

エンタープライズ号はこれから5年間の旅に出て行ったけれど
Perfume号はどうなるかな。



2007年08月08日 (水) | 編集 |
木星を選んだ人

あなたはもしかしたら,彼女への愛を考え直した方がよいかもしれない。
どうやら,あなたは彼女の肉体の魅力に幻惑されているようだ。
もちろんそれは彼女のせいではなく,全てはあなたの妄想の
なせる技なのである。

というのも,木星は,「現実的なことを祈る星」であるからだ。
木星は現実的な願い,生活や仕事の生々しいことを祈る
象徴であるからだ。
とういうことは,そこに潜在的な現実的な欲望,願いがあったから
木星をあなたは選んだのだろう。
彼女との将来を考えることは,彼女のためにも再考すべきだ。


金星を選んだ人

あなたの彼女への愛は確かなものだ。
決して自分の愛に迷いを持つことなく,彼女を愛し続けるべきだろう。

金星は「高貴な思いを願う星」と言われてきたからだ。
すなわち,自分のことより,他人のこと,自分が所属する社会のこと
を願う星とされてきた。
そんなことを知らずに金星を選んだあなたは,潜在的に自分以外の
ものへの愛があふれていると言える。
彼女への愛に対してもっと強く,深くしたいという願いがあるだけだ。
その願望がかなえられないことが疑問につながっていただけなのである。


*1 お遊びはいかがか,ということで。
  あくまで,誰かに似た人への思いである。
  意外に核心を突かれた人,要注意だ(*´ω`)
*2 あなたの本性がわかる選択問題 参照
*3 このLocksのあ~ちゃん,やばくないか。
  近年の中でも,飛び抜けて可愛く…

Return