Perfumeに係る疑問をmemoするページ
Page memo to the question related to Perfume
2007年当時は本当に「Perfumeって何?」という存在だったのです
熱かった2008年を思い出す TVガイドpersonインタビュー
2017年04月02日 (日) | 編集 |
TVガイドpersonインタビューがいい。
みんなが熱かった2008年のことに触れている。

--------------------------------------
あ うれし涙もたくさんしたけど,それより戸惑いの方が大きかったかも
  しれないですね。
  ”Perfume”ってものだけが大きくなっていって,全然ついて行けない自分たちの
  気持ちがあった。
  あとは,みんな手のひら返したように対応が変わったのも忘れんし(笑)。
  人を見る勉強にもなったかもしれない。
--------------------------------------

昔のインタビューであ~ちゃん独特の表現で
車で走っていたら動物がいっぱい落ちてきて
みたいな言い方をしていたのだが,continueかCUTだったか。

--------------------------------------
- 今,10年前の自分に声をかけるとしたら,何を伝えたいですか?

の 「大丈夫」。・・・でも,本当は何も声を掛けたくないなぁ。
あ 分かる
の 当時の自分を見たら泣いちゃうかも。
あ 言葉に詰まる。戸惑ったよね,この時。
  でも,ありがたいって気持ちも大きかったから,何も言えなかった。
  つらいとかも言えんかったし。
の ・・・今会いに行った?
か 10年前の自分に会った?
--------------------------------------

「今会いに行った?」

ページは2ページながらPerfumeファンはぜひ味わって欲しいですなぁ。
Back to 10年

関連記事


コメント
この記事へのコメント
いつも情報をいただき感謝しています。ただ近所では次号が発売のようでもう見当たりません。
神木隆之介の表紙は見ていたのですが、まさか、Perfumeのインタビューが載っているとは思わずスルーしていました。
私たちの前に現れるPerfumeはいつも皆Perfumeとしてしか現れませんから、本当のと言うか素の姿はほとんどわからないものだと思い至りました。そんななかで、インタビューや個人として書いたブログとか、あるいはラジオの喋りなどには、多少とも素の個人の思いや考えが垣間見えるような気がする時もあります。伝手を辿りPTAの今年分ののっちのブログを読みましたが、大晦日の分は表現者としての思いに溢れ、前向きで、向上心が熱く、まだまだ先へ進んで行くであろう姿に心打たれました。今の踊りは正にそういう思いの具体的な現れだと思います。

 蛇足ですが、正月明けのブログで正月の感想を書いたところでは、掛詞を使ったのだろうと思われるところがあります。どうせなら短歌を読んでくれれば気付きやすいのですが、いきなり使われても戸惑います。「ホッと一息高いので心ときめくお正月」のところです。七五調のリズムですね。
ホッとはHOTと、息は意気と掛かっているように思います。休みで一息ついているけれど、新年を迎えてテンションが高く気持ちが高ぶっているように読めます。多分ちはやふる関係で勉強したのだろうと思われます。「かな」とか「けり」とか「や」を使って、今作るのには抵抗がありますが、20年くらい前、俵万智の「サラダ記念日」で、現代口語短歌がブームになったこともありました。
 
もしかしたら掛詞の件は贔屓の引き倒しかもしれませんが、のっちという人は書くものにも表現者としての魅力にあふれているように思えます。
 素の個人として、とても魅力的な人なのでしょうが、その実像を知ることは外から眺めている私たちには不可能なことです。でも、それはそれで良いことなのだろうと思っています。
2017/04/08(土) 00:20:47 | URL | 2014nanntoka #-[ 編集]
ここは情報は遅いので雑誌なんかはなくなっていることが
多いかもしれません。
あと,発売中のものは内容を控えるんで。
公式は発売2,3日前は必ずインフォメーションが出ますので
そちらをチェックされるのが良いかと。

七五調,掛詞は,彼女の場合はラップとかHIP HOPとか
音楽系から来ているんじゃないですかねぇ。
2017/04/11(火) 21:52:38 | URL | elf51 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック